2020_calendar_mockup_L-size.jpg

文字を書くこと、紙に刷ること。

わたしに身近なこの2つが活かせるもの、

そう考えて作りはじめたのがカレンダーです。

2020年で3回目となりました。

 

こよみを知る、 ポスター的に壁に飾る。

この「道具的役割」と「装飾的役割」が

空間の中でどんなふうに

なかよく手を組めるか、

そこからはじめていきました。

昨年の夏の終わりころから、

来年のカレンダーはどうしようかと

頭の隅にあったものの、

きちんと取りかかったのは11月中旬。

そこからはあっという間で

気がつけば年末でした。

 

時間そのものは一定でも

感じるスピードは日によって変わり、

しかも年々、上がっているような––

最近は「もう×月×旬! 」と驚く(焦る)回数が

多くなった気がします。

そんなことから

今日が何月何日の何曜日という役割は

手帳やスマホのカレンダーにおまかせし

感覚的に日を知るカレンダー、

たとえば

「今日」は一年のうちでだいたいこのあたり

とか

「あの日」の出来事からこれだけ経った

とか

そのときどきでの今日やあの日を

視覚的にざっくりとらえる、

そんなカレンダーにしてみようと考えました。

すると 道具としての役割から

少し自由になったので

いろいろな視覚的アプローチを試しました。

Calendar_13_edited.jpg
Calendar_3.jpg

今回はその中のひとつ、

見た目はウネウネと迷路のように

366日分の数字を連ねて

そこへ12の月の数字と

日祝日に白い点を入れるなどしました。

 

面白かったのは

シルクスクリーンで刷った時にできた

青いインクのムラでした。

 

仕上がったカレンダーを

ぼんやり眺めていると

星や人工衛星、不規則な軌道を見せる

宇宙にまつわるなにかが

見えてきそうな気がしました。

 

表現とコミュニケーションをさまざまに模索し、

フレーマーミーに関わってくださる方々にとって

楽しく有意義ななにかが見つかる場となれますよう

一日一日、取り組んでまいりたいと思います。

2020年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

  • Instagram

- ショップツールデザインとシルクスクリーン制作 - 

Copyright© 2019 Pen & ink drawings Framerme. All Right Reserved.